自己破産

新規の融資を希望する破産者に、お金を貸し付けてくれる金融会社はあるでしょうか。かつて自己破産をした人が、新規の融資を希望した場合、条件次第で融資を受けることが可能になります。信用情報会社が保管している個人の信用記録は期限が設けられており、決まった時間がたてば記録はなくなります。破産者が、次のローンを組みたいと思ったら、信用情報会社の情報が消去されるまで、じっと待っていなければなりません。信用情報機関はいくつかありますが、どの機関においても、自己破産の情報は最長で5年間は保有しています。昔破産者だったとしても、5年間、問題を起こしていない人なら、融資を受けられるかもしれません。信用情報会社に破産者として名前が残っている人なら、基本的には融資を断られしまうことは覚悟しておきましょう。金融会社について調べていけば、破産者に対しても一定の条件で融資を行っているようなキャッシング会社がわかります。金利は平均よりずっと高いけれど、破産者でもお金を貸してくれるという違法な金融会社は、少なからずいるといいます。法律で決められた範囲を超えた高い金利で融資を持ちかけてきますので、できるだけ巨利をとりましょう。融資を受けるのであれば、金利や限度額などの条件をしっかり確認しておくことが大切です。破産者になってから、新規の融資を申し込むと審査で断られることが多いので、5年はじっと大人しくして名前が消えるのを待ちましょう。お金借りるなら消費者金融?銀行カードローン?