紫外線カット効果

紫外線の影響が大きくならないように、目やお肌をガードするにはどうすればいいでしょう。肌や目を紫外線から守るのは、春から夏の日差しだけでなく、秋や冬でも注意をし続けたいものです。強烈な紫外線が皮膚に到達すると、色素が沈着してシミができたり、しわが目立ったりします。日焼けのせいで皮膚がんになる可能性もあるとされていますので、紫外線が皮膚に届かないようにしたいものです。紫外線が皮膚に到達する前にカットする手段として、日やけ止めクリームを使う人は多いようです。もしも、日やけ止めクリームの効果を確認したい場合は、SPFや、PAを確認するといいでしょう。SPFは、紫外線B波から皮膚をガードする指数で、肌のシミやそばかすに対する予防効果があります。日焼けをした時に肌が熱をもって赤くならないようにしたい人は、SPFに注目してみてください。日焼けをすると皮膚が黒く焼けたり、皮膚がカサカサに乾燥する場合は、PAの高いものが向いています。最近は、UVカットが施された帽子も様々なデザインの商品が出回っており、UVカット率99%の商品もあります。日焼けしやすく、ケアが後回しになりがちの部位に、頭皮や髪の毛があります。太陽光に含まれる紫外線は首まわりの皮膚にも影響を与えますので、つばの広い帽子なら首のあたりも紫外線を防げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です