サプリメントの副作用

多くの人が、健康や美容のために、自分に合うサプリメントを選んで使っています。日ごろの食事では足りない野菜不足を補ったり、健康維持に役立てたり、ダイエットのサポートをしたり、いろんな目的のサプリメントが販売されています。サプリメントは医薬品とは違うので、疾患の治療を目的として使うわけではなく、効能があるものではありません。最寄りのドラッグストアやコンビニで、すぐにサプリメントが買えるようになりました。サプリメントはとても重宝する存在ですが、場合によっては副作用も起こりえます。サプリメントの副作用としては、便秘、下痢、肌荒れ、頭痛、吐き気などが考えられます。ただし、サプリメントはもともとそれほど強い作用がある成分は使われていないため、副作用といっても軽度のものがほとんどです。万が一、サプリメントの副作用を感じた時には、すぐに服用をやめるようにしましょう。サプリメントの使用をストップしてしばらく様子を見るか、場合によっては医療機関の診察を受けたほうがいいでしょう。副作用の要因が、本来の体質と、サプリメントとの相性が悪いことが挙げられたりもします。サプリメントは食品の補助として使うものなので、薬ほど厳密な飲み方の指示はないですが、メーカー推奨の飲み方をするといいでしょう。空腹の状態でサプリメントを飲むと胃に負担がかかるので、できれば食後に飲むようにすると胃への負担が少ないのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です